働く事で綺麗になれると思った美容外科の志望動機

美容業界で志望動機をどう書くべきか

美容業界で志望動機をどう書くべきか : 未経験で美容業界に飛び込む理由 : 美を求める場所で働く決意と葛藤

華やかな世界で働く事が出来れば自分も綺麗になっていけるのではないかと思い、美容外科で働いてみたいと思うようになりました。
今まで美容業界で働いたことがありませんでしたので、どの様な働き方になるのかもよくわかりませんでしたし雇ってもらえるのかどうか不安もありました。
やはり働いた経験がある人の方が、優先的に採用をされるのだろうという思いがあったので未経験というのは採用費に不利になるのではないかという思いもあったからです。
しかし未経験ではありますがどうしても働いてみたいという気持ちがあったので、ダメもとで応募をしてみることにしました。
履歴書を用意する上で嘘を記載するわけにはいきませんので、きちんと今までの職歴などを記入して持っている資格なども記載をしました。
職歴や資格の欄に関しては偽りのない事実のみを記載すればいい為簡単ですが、困るのは志望動機の部分です。
志望動機は採用をされるかを大きく左右される部分になりますので、いい加減な気持ちを書くべきではありません。
しっかりと自分の強い思いが面接担当者に伝わらなくてはなりませんので、どのような内容で書けばいいのかがわかりませんでした。
しかし採用をされたいからといっても嘘の志望動機を書くことは出来ません。